当科のご案内


研究活動 2018年

活動内容

原著

Terauchi Y, Sano K, Ainai A, Saito S, Taga Y, Ogawa-Goto K, Tamura SI, Odagiri T, Tashiro M, Fujieda M, Suzuki T, Hasegawa H. :IgA polymerization contributes to efficient virus neutralization on human upper respiratory mucosa after intranasal inactivated influenza vaccine administration. Hum Vaccin Immunother. 2018 Feb 9:0. doi:10.1080/21645515.2018.1438791.

 

Higashi Y, Shimizu T, Yamamoto M, Tanaka K, Yawata T, Shimizu S, Zou S, Ueba T, KYuri K, Saito M.:Stimulation of brain nicotinic acetylcholine receptors activates adrenomedullary outflow via brain inducible NO synthase-mediated S-nitrosylation. Br J Pharmacol, 175:3785-3772,  2018

 

Miura M, Kobayashi T, Kaneko T, Ayusawa M, Fukazawa R, Fukushima N, Fuse S, Hamaoka K, Hirono K, Kato T, Mitani Y, Sato S, Shimoyama S, Shiono J, Suda K, Suzuki H, Maeda J, Waki K; and The Z-score Project 2nd Stage Study Group, Kato H, Saji T, Yamagishi H, Ozeki A, Tomotsune M, Yoshida M, Akazawa Y, Aso K, Doi S, Fukasawa Y, Furuno K, Hayabuchi Y, Hayashi M, Honda T, Horita N, Ikeda K, Ishii M, Iwashima S, Kamada M, Kaneko M, Katyama H, Kawamura Y, Kitagawa A, Komori A, Kuraishi K, Masuda H, Matsuda S, Matsuzaki S, Mii S, Miyamoto T, Moritou Y, Motoki N, Nagumo K, Nakamura T, Nishihara E, Nomura Y, Ogata S, Ohashi H, Okumura K, Omori D, Sano T, Suganuma E, Takahashi T, Takatsuki S, Takeda A, Terai M, Toyono M, Watanabe K, Watanabe M, Yamamoto M, Ymammura K.:Association of Severity of Coronary Artery Aneurysms in Patients With Kawasaki Disease and Risk of Later Coronary Events.JAMA Pediatr. 2018 172:e180030. doi: 10.1001/jamapediatrics.2018.0030.

 

Kikuchi H, Higuchi T, Hashida Y, Taniguchi A, Kamioka M, Taguchi T, Yokoyama A, Murakami I, Fujieda M, Daibata M. Generation and characteristics of a novel “double-hit” high grade B-cell lymphoma cell line DH-My6 with MYC/IGH and BCL6/IGH gene arrangements and potential molecular targeted therapies. Oncotarget. 9:33482-33499, 2018

 

長尾佳樹,石原正行,上村智子,三浦紀子,松下憲司,藤枝幹也:高知大学医学部附属病院周産母子センターにおける新生児急性腎障害の頻度と要因.日本小児腎不全学会雑誌,38:93-96,2018

 

萩野紘平,大石 拓,濱本 諒,長尾佳樹、小倉由紀子、小倉英郎、藤枝幹也:高知県内の喘息発作入院数の推移と発作誘因ウイルス.日本小児アレルギー学会雑誌,32:666-673,2018

 

 

総説

藤枝幹也:小児から成人への移行期の重要性 特集 小児腎不全—移行期医療の管理.臨床透析,34:9-16,2018

 

佐藤哲也,藤枝幹也:【腎と透析ベッドサイド検査事典】(第10章)感染マーカー、感染症検査 Epstein-Barrウイルス.腎と透析84増刊:300-302,2018

 

 

症例報告

Yamamoto M, Iguchi M, Yamamoto M, Hiroi M. : Loeys-Dietz syndrome with aortic wall necrosis secondary to extemal wrapping. Eur J Cardiothorac,53:1288-1289,2018.

 

Takahashi I, Ishihara M, Oishi T, Yamamoto M, Narita M, Fujieda M.Common carotid arteritis and polymyalgia with Mycoplasma pneumoniae infection. J Infect Chemother. DOL.org/10.1016/j.jiac.2018.09.001

 

齊藤志穂,山本雅樹,市川麻由,西本由佳,玉城 渉,石原正行,藤枝幹也:体液管理に難渋した先天性心疾患術後遠隔期に肝硬変を合併した蛋白漏出性胃腸症の1例.日本小児体液研究会誌,10:79-83,2018

 

齊藤晃士,石原正行,髙橋一平,山本雅樹,久川浩章,森澤 豊,藤枝幹也:サポウイルス胃腸炎罹患後に胃十二指腸潰瘍を認めた2歳女児例.小児感染免疫,30:51-56,2018

 

西本由佳,前田明彦,森下祐介,萩野紘平,丸金拓蔵,澤井孝典,島田誠一,白石泰資,波越朋也,荒木まり子,吉川清志,藤本幸太,矢澤浩治,松本富美,位田 忍:索状性腺にGonadoblastomaの発生を認めたY染色体成分を有するモザイク型Turner症候群の1例.高知県小児科医会報,30,58-65,2018

 

藤枝悠希,大畠雅之,坂本浩一,花崎和弘,藤枝幹也:大腿部蜂窩織炎で発症した後腹膜膿瘍の1小児例.高知県小児科医会報,30:66-71,2018

 

辻 慶紀,玉城 渉,山本雅樹,北村祐介,大橋育子,寺内芳彦,佐々木剛,島内泰宏,藤枝幹也:自然解熱後もCRP陽性が持続し、冠動脈病変を合併した川崎病の3ヵ月女児例.三豊総合病院雑誌,39:53-57,2018

 

 

著書

佐藤哲也,藤枝幹也,前田明彦,脇口 宏:【小児の治療指針】 感染症 EBウイルス感染症.小児科診療81増刊:196-199,2018

 

 

学会

脇口 宏:AI時代に活躍できる医師像を考える.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知【特別講演】

 

藤枝幹也:小児腎移植とEBウイルス(EBV)―EBV動態と移植後リンパ増殖症(PTLD)を中心に―.第40回日本小児腎不全学会学術集会,2018.11.9,宮崎【教育講演】

 

石原正行:【ワークショップ 高血圧と腎障害インターベンション】小児の高血圧の疫学と病因.第53回日本小児腎臓病学会学術集会,2018,6.30,福島

 

飯沼未来,,菅原拓真,,片岡なな子,高本琴子,,前田賢人,,藤枝幹也:小児期発達障害についてのアンケート. 第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

濱本 諒,大石 拓,松岡文弥,萩野紘平,澤井孝典,森澤 豊,小倉由紀子,小倉英郎,藤枝幹也:小児気管支喘息の患者教育に関する調査の報告.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

佐藤哲也, 寺内芳彦, 前田明彦, 藤枝幹也:高知県小児百日咳サーベイランス報告.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

辻 慶紀,荒木まり子,玉城 渉,菊地広朗,齊藤志穂,森下祐介,石原正行,藤枝幹也:当科で経験した1型糖尿病の12例.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

高橋芳夫,井上和男,齊藤晃士,寺内芳彦,大石尚文,武市知己:当院1か月健診時の体重増加量と人口ミルク補足量の現状.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

寺内芳彦,齊藤晃士,井上和男,大石尚文,高橋芳夫,武市知己:発症早期に高K血症を呈した熱中症の男児例.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

永野史翔,松岡文弥,所谷知穂,栄徳隆裕,砂田 哲,金澤亜錦,宮澤真理,中田裕生,西内律雄,吉川清志:症候性West症候群に対して当院でケトン食療法を導入した3例.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

萩野紘平,丸金拓蔵,西本由佳,澤井孝典,前田明彦,白石泰資,島田誠一:特異な経過を辿ったてんかんの1例.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

松岡文弥,永野史翔,浦田奈生子,所谷知穂,砂田 哲,栄徳隆裕,金澤亜錦,宮澤真理,中田裕生,西内律雄,吉川清志:当院で経験した、片親性ダイソミーによるPrader-Willi症候群の一例.第93回日本小児科学会高知地方会,2018,2.18,高知

 

濱田朋弥,荒木まり子,石原正行,藤枝幹也,大畠雅之:栄養管理に難渋し、胃瘻からゼリー粥で経腸栄養を進めている11歳脳性麻痺男児例.第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会,2018,2.22,神奈川

 

森下祐介,菊地広朗,久川浩章,石原正行,藤枝 幹也:頻回の輸血を要しその後自然回復した赤芽球癆の1例.第121回日本小児科学会学術集会,2018,4.20-22,福岡

 

西本由佳,山本雅樹,齊藤志穂,菊地広朗,上村智子,石原正行,藤枝幹也:感染症による急性呼吸障害に対し肺内パーカッションベンチレーターを導入した乳児2例.第121回日本小児科学会学術集会,2018,4.20-22,福岡

 

長尾佳樹,石原正行,上村智子,三浦紀子,松下憲司,藤枝 幹也高知大学周産母子センターにおける新生児急性腎障害の頻度と因子.第61回日本腎臓学会学術総会,2018,6.10,新潟

 

萩野紘平,大石 拓,松岡文弥,濱本 諒,藤枝 幹也:アドレナリン自己注射器の手技の維持に関する後方視的研究.第67回日本アレルギー学会学術大会,2018,6.22,千葉

 

長尾佳樹,石原正行,上村智子,三浦紀子,松下憲司,藤枝幹也:高知大学周産母子センターにおける新生児急性腎障害の頻度と因子.第53回日本小児腎臓病学会学術集会,2018,6.29,福島

 

北村祐介,山本雅樹,玉城 渉,藤枝幹也:LQTSが疑われていたにもかかわらず、通院を自己中断し6年後に心肺停止を来した13歳女児例.第54回日本小児循環器学会総会・学術集会,2018,7.5,神奈川

 

松岡文弥,萩野紘平,濱本 諒,菊地広朗,玉城 渉,石原正行,山本雅樹,大石 拓,堂野純孝,久川浩章,藤枝幹也:療育上問題のあったアトピー性皮膚炎の1 歳男児2 症例の比較検討. 第30回四国小児アレルギー研究会,2018,7.8,愛媛

 

濱本 諒,大石 拓,濱田朋弥,北村祐介,玉城 渉,石原正行,久川浩章,中島喜美子,藤枝幹也:寒冷じんましんとコリン性じんましんが関与するアナフィラキシーと考えられた一女児例. 第30回四国小児アレルギー研究会,2018,7.8,愛媛

 

武市知己,松岡文弥,佐藤哲也,井上和男,大石尚文,高橋芳夫:上気道内視鏡検査で経過観察中の喉頭軟化症2例.第94回日本小児科学会高知地方会,2018,9.9,高知

 

澤井孝典,長尾佳樹,濱本 諒,西本由佳,萩野紘平,丸金拓蔵,森下祐介,北村祐介,島田誠一,白石泰資,前田明彦:先天性乳び胸を合併したPrader-Willi症候群(PWS)の女児例.第94回日本小児科学会高知地方会,2018,9.9,高知

 

大畠雅之,星野絵里,藤枝幹也,前田長正:便色判別プログラムを利用した胆道閉鎖症早期発見のためのフィールド実証研究.第94回日本小児科学会高知地方会,2018,9.9,高知

 

上村智子,入江未希,浦木 諒,長尾佳樹,三浦紀子,松下憲司,藤枝幹也:精神疾患を持つ母親から出生した児とその家族への対応に関する検討 ~過去10年間のケース会議症例を中心に~.第94回日本小児科学会高知地方会,2018,9.9,高知

 

髙橋一平,大平純也,永野史翔,土本啓嗣,所谷知穂,砂田 哲,栗田佳彦,金澤亜錦,宮澤真理,中田裕生,西内律雄:当院NICUにおける入院時監視培養の有用性.第94回日本小児科学会高知地方会,2018,9.9,高知

 

桑名駿介,玉城 渉,濱本 諒,濱田朋弥,北村祐介,石原正行,久川浩章,藤枝幹也:SIADHによる著明な低ナトリウム血症をきたした急性硬膜下血腫の乳児例.Renal Weekend 2018 in 名古屋,2018,9.15,愛知

 

野村真也,齊藤志穂,菊地広朗,石原正行,久川浩章.藤枝幹也:10年間のRSウイルス入院164症例の検討.第94回日本小児科学会高知地方会,2018,9.9,高知

 

松岡文弥,萩野紘平,濱本 諒,菊地広朗,玉城 渉,石原正行,山本雅樹,大石 拓,堂野純孝,久川浩章,藤枝幹也:療育上問題のあったアトピー性皮膚炎の1 歳男児2 症例の比較検討. 第30回四国小児アレルギー研究会,2018,9.24,愛媛

 

濱本 諒,大石 拓,濱田朋弥,北村祐介,玉城 渉,石原正行,久川浩章,中島喜美子,藤枝幹也:寒冷じんましんとコリン性じんましんが関与するアナフィラキシーと考えられた一女児例. 第30回四国小児アレルギー研究会,2018,9.24,愛媛

 

辻 慶紀,大石 拓,濱本 諒,齊藤志穂,森下祐介,菊地広朗,石原正行,坂本浩一,藤枝幹也:肥厚性幽門狭窄症と誤認した乳児消化管アレルギー疑いの一女児例. 第30回四国小児アレルギー研究会,2018,9.24,愛媛

 

樋口智紀,菊地広朗,橋田裕美子,谷口亜裕子,上岡樹生,田口尚弘,村上一郎,大畑 雅典:MYCおよびBCL6遺伝子転座を有する高悪性度B細胞リンパ腫細胞株におけるMYC/PLK1阻害による細胞増殖抑制効果(Antiproliferative effects of MYC/PLK1 inhibitions in a cell line derived from lymphoma with MYC/BCL6 rearrangements).第77回日本癌学会学術総会,2018,9.27,大阪

 

長尾佳樹,石原正行,藤枝幹也:続発性偽性低アルドステロン症が疑われた両側先天性水腎症の新生児例.第48回日本腎臓病学会西部学術大会,2018,9.29,徳島

 

石原正行,長尾佳樹,藤枝幹也:急性硬膜下血腫にSIADHを合併した7ヵ月男児例. 第48回日本腎臓病学会西部学術大会,2018,9.29,徳島

 

辻 慶紀,大石 拓,濱本 諒,齊藤志穂,森下祐介,菊地広朗,石原正行,坂本浩一,藤枝幹也:肥厚性幽門狭窄症と誤認した新生児乳児消化管アレルギーと考えられた1例.第55回日本小児アレルギー学会学術大会,2018,10.21,岡山

 

齊藤志穂,辻 慶紀,石原正行,森下祐介,菊地広朗,谷口義典,岸本暢将,小林茂人,藤枝幹也:診断に苦慮した体軸性脊椎関節炎の14歳男児例.第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,2018,10.26-28,東京

 

森下祐介,前田明彦,丸金拓蔵,浦木 諒,澤井孝典,長尾佳樹,北村祐介,遠藤友子,白石泰資,岡本圭祐,森 雅亮,清水 正樹:川崎病、Blau症候群との鑑別を要した若年性特発性関節炎(JIA)の一例.第28回日本小児リウマチ学会総会・学術集会,2018,10.26-28,東京

 

長尾佳樹,石原正行,菊地広朗,久川浩章,藤枝幹也:小児血液・腫瘍疾患における慢性腎臓病の頻度と要因について.第40回日本小児腎不全学会学術集会,2018.11.9,宮崎

 

松村梨紗,望月慎史,野間康輔,小野大地,丸山なつき,森下祐介,土居岳彦,川口浩史,小林 正夫:同種造血幹細胞移植後、骨髄再発に先行して骨単独再発を認めた治療抵抗性BCP-ALLの1例.第60回日本小児血液・がん学会学術集会,2018,11.14,京都

 

森下祐介,望月慎史,野間康輔,松村梨紗,丸山なつき,川口浩史,栗原 將,木村智樹,檜山英三,小林 正夫:超早期再発をきたした両側多発性びまん性退形成腎芽腫の一例.第60回日本小児血液・がん学会学術集会,2018,11.14,京都

 

浦木 諒,三浦紀子,入江未希,上村智子,荒木まり子,松下憲司,藤枝幹也,要 匡:著しい体重増加不良を来し治療に難渋したBeare-Stevenson cutis gyrata症候群の1例.第63回日本新生児育成医学会・学術集会,2018,11.22-24,東京

 

菊地広朗,濱田朋弥,齊藤志穂,満田直美,玉城 渉,久川浩章,藤枝幹也:当院における過去10年間の一次性免疫性血小板減少症の検討.第70回中国四国小児科学会,2018,11.24愛媛

 

萩野紘平,前田明彦,西本由佳,丸金拓蔵,澤井孝典,白石泰資,島田誠一,西内律雄:再発を繰り返し、腸管膜リンパ節腫脹で再発した組織球性壊死性リンパ節炎の1例.第70回中国四国小児科学会,2018,11.24愛媛

 

野村真也,齊藤志穂,菊地広朗,石原正行,荒木まり子,細川卓利,久川浩章,藤枝幹也:成長障害を呈し尿崩症との鑑別を要した11か月男児例.第70回中国四国小児科学会,2018,11.25愛媛